ショッピングカートを見る
商品検索

ショップ紹介
パワーストーン・ワークス
「パワーストーン・ワークスのお店」の母体として現在運営中のブログサイト
パワーストーン・ワークス

では、毎月、月末に数十点の天然石アクセサリを出品販売しています。
ご興味をお持ちいただけましたら、是非、パワーストーン・ワークスのほうにもいらっしゃってくださいませ♪
ホーム 神崎詞音の創作アクセサリ 「隕石づくし」ブレスレット「1」
「隕石づくし」ブレスレット「1」

スペック

内寸約16センチ
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

商品説明

タイトルは隕石づくし(笑)。そのままにさせていただきました。
正確には、隕石、隕鉄、インパクトガラス…ということです。(インパクトガラスとは過去の地球上に隕石衝突由来で形成された天然ガラスのことです)
やっぱり壮観、豪華ですね…そこにセンティエントとフェナカイトですから、これはもうもう、どう表現していいのやら。

「どんと来い超常現象」な人に^^人間存在そのものが超常現象だと理解させてくれます(昔TRICKってドラマ見てましたが見てた人ならご存知のこのフレーズ^^。このドラマきっかけに長く低迷していた阿部ちゃんは再ブレイクしたんですよね〜)。

隕石系は、癖があるとは言われるけど。
本質にダイレクトっぽいところがあるから、そう言われるんだけど。
自分に嘘ついて生きてる人には、そうなのかもしれないんですが。

カルマとか(笑)魂の目的だ〜なんだ〜、そういうものに「ちんたら取り組むのがかったるい」と本気で思っている人に、モルダバイトはじめとするこの隕石隕鉄インパクトガラスのコラボは、最適(笑)です。

何よりも…結果が出るのが早い。です。
石の意味でお伝えしていたモルダバイトだけが加速化特性を持つわけではなくて、過去の地球がかたちづくられる時期に地球に飛来していたらしき、こういった隕石衝突の際に吹き上がる熱で形成されたインパクトガラスに共通の特性なんですよね。

よく、昔スピ方面では、こういうのってハートに正直に生きる世界…というだけなんですけれど、魂が求める生き方をするための変容を「覚悟」だのとか「勇気」だのとか^^、そのための浄化や手放しや…ちょ〜っと大袈裟なんだよな…って当時もよく思ってたんですけれど、たぶん人によってはそういうのって、「今あるもの全部捨てる」レベルに感じられる大激震でコペルニクス的転換のように思えちゃう、すっごい怖い感じがするからなのかもしれないんですけれど。

ただ、「なんかうまくいってないな、人生になんか違和感あるな、なんか違う気がするな」っていう時点で、本軌道を見失っている可能性はあるわけではあります。
(ただしこれはあくまでも”本人比較”でありますよ。他人と比べてうまくいってないとか給料低いとか恋人欲しいのにできないとか理解者いなくて孤独で寂しいとか生きがいが感じられないとか、そういうのは関係ないですよ。優劣美醜高低それらを他者との比較において「まだまだ」で焦っていたり、毎日がつまんなかったりつらかったり大変だったりで、「私のたましいの道へ進んでいないせいだ」とか^^そこを言い訳にして自分探しなんてしちゃダメよ。ダメじゃないけど、そういうので焦って自分探ししてたって実感ないし楽しくないでしょ? 苦行じゃないんですよ魂路線って。というか、そもそも、人生は苦行ではないです。だからね、この隕石づくしカップリングもですね、「なんかなんとなくこれワクワクするぅ…」っていうキョーミというか、カルマがどうこう魂がどうこうの「これで魂の生き方へ行ける!!」の謳い文句、メリットの良さそうなところを目的にする魂路線色眼鏡で(笑)セレクトするよりも、「理由はわからないんだけどなんか私これ欲しいんですけど、おいくら?」な感じがいいと思うよ。まぁでも色眼鏡でセレクトしても^^(昔おいらはモルダバイトとかこれらはそうだったし)いいんですけどね。私なんかは「石の意味、うのみ」で疑いなくセレクトするくちですから。あのね、鵜呑みセレクトでも我欲でもいいのよ。その場合「好みの結果を期待しないこと」つまり、「自分の願望がこれで叶う」っていう狭いレンジを捨てていることがいいです。石ブレスとかでな〜んにも願望叶わん、っていう人はね、そのレンジが自分の目前の願望、我欲成就にしか焦点がいってないから、もたらされているものに気づけないんですよ)

そもそも…カルマやら魂の目的やらに仮に取り組まなくても(笑)”強制撤収”的な激震ならば、ある人にはあるわけだし。
(そういう時に、この石達は、大変心強いご加勢エネルギー軍団になってくれるところはあったりはします)

実際には、個人的に感じることですが。
自身のたましい路線に違和感のない生き方に舵を切る、そっちを進み続けるようになると。
「捨ててきた以上に、豊かになる」というのが、実態です(笑)。
というか、捨てていいものを捨てただけなのだと思いますよ。

まぁ、それでも未来はわからないから(笑)たましいの喜ぶ生き方をそそのかされてやってみたけどもっと怖くなった…なんて人もいるかもしれないので(そういう人はまだやってないのよ。やろうとしているというところから一歩も出ていっていないだけ)無理強いはしませんけれどね。

ちなみに、隕石づくし系は、今までやったことがあるカップリングなんかでも「ナイルフリントコラボレーション」とか「Quick Response」とか「それが大事」などなど、インパクトガラスや隕石隕鉄コラボで使っているカップリングって、やっぱり結果が早い(笑)系なんですよね。素直にそういった素早い結果を受け取っていらっしゃるお客様のご報告も多いんです。
あ、ネーミングそのものもそうなんですけど「SPEED」もそうでした。
今後も隕石づくし系の石を取り込んだカップリングは考案していくと思いますが(笑)とりあえずはこのシンプルなダイレクト感をお楽しみいただける今回のカップリング、お楽しみください。

それから、エネルギーがとても強いカップリングなので、人によっては眠くなる場合があると思われます。運転中などにはお気をつけください。そのままうとうと放置すると体外離脱できますよ(久々に体脱しました^^。キターーー、でした)。
これ身につけてると今のところ私はどうも眠たくなってしまうので(笑)そういう時は諦めて寝ることにしていますが。
人は寝ている時はあっちの世界に行ってるので、たぶんアストラルレベルでなにかが調整されているんだろう…と思っています。

そうそう、これ身につけてて、6月28日の明け方にたぶん今までで最大級レベルの「未確認飛行物体」の凄い大迫力の航空ショウに遭遇しました。私はよくUFO系遭遇しますが(笑)今回のはちょっとやばかったです^^。つか綺麗すぎてこの世のものとは思えん…的な光でびっくり。これを私だけじゃなくて他の人に見せてあげたい〜〜〜って思いました。そうしたらきっと、宇宙存在とかミエナイセカイの話とか石のエネルギーの話とか、人は信じてくれると思うから^^。
でもいっつもそうなんですが…私しかたぶん見ていない…というような時を向こうが狙って(笑)見せられてるような気がします…今回も、「やばし! これは絶対に見せたい!」と、消えないうちに…と家の者を呼んだのですが…彼がベランダから私が指差す空を覗いたその瞬間に…ス〜ッと…その光が空に吸い込まれてしまったのです。唖然ですよ(泣)。
幻覚見たんじゃないの〜? って話になっちゃうのよね〜。カメラも近くになかったからカメラ取りに行ってるあいだに消えちゃうかもと思って撮影は諦めたんだけど。
最近私はあんまり「観えない世界寄り」なことを頻繁に考えなくなっているところがあるので(笑。ガイドさんとも接触がないですし)、折々にこうして「役割に連れ戻されている」ようなところがあります^^。

あ、結局それで、隕石づくしが何をどうするのか、っていうことなんですが。

もっともあなたを必要な最適な状態へいざないますよ。というのが、ざっくりした仕事です。
願いも叶えます。その願いが魂の願いであるなら、いともかんたんに。
だから、今の自分はどうよ? のバロメーターになるんですよ、隕石系の石は、いい意味で。

こちらは石の意味ご参考です。
「石の意味〜モルダバイト(1)〜」
「石の意味〜モルダバイト(2)〜」
「石の意味〜フェナカイト(1)〜」
「石の意味〜フェナカイト(2)〜」
「石の意味〜センティエントプラズマクリスタル〜」

 下は、サイズが大きめのお写真になります。
 

撮影時に使用しています水晶のポイントは商品には含まれません。
ブレスレット本体のみが商品となります。

使用石

「モルダバイト8ミリ丸玉」「リビアングラス10ミリ丸玉」「テクタイト(インドシナイト)14ミリ丸玉」「ギベオン10ミリ丸玉」「サハラNWA869 10ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)12×9×3ミリ原石タンブル」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット丸玉」

クォリティと鉱物説明

モルダバイト丸玉というのは、これはモルダバイトに限らずの石ビーズ常識なのですが、たとえば8ミリサイズの丸玉でしたら、それをつくるために当然厚み8ミリ以上の原石を必要とします。
モルダバイトの場合、8ミリ超あたりになってくると、極端に厚みのある原石そのものが少なくなってくるため、そのぶん、そういう原石を使って作られる丸玉の希少度合いが一気にアップします。
(天然石の中では原石が小さめのペリドットなどもそうですが、一定サイズ以上になるととたんに大きな原石の希少性ゆえにお値段が跳ね上がる石というのがわりとありまして。こういった理由でたかだか0.5ミリとか1ミリとか程度の僅かな違いであっても、価格付になると大きな差が生まれることもありますよ〜のご説明話でございます)

ギベオンは錆防止のためのロジウムコーティングされているビーズで、他はコーティングなしのむき出しタイプです。
コーティングなしは隕鉄そのままで雰囲気あるビーズでいい感じではあるのですが、錆対策という点でコーティングが好まれているところがもともとあります。
ニッケル含有量の多いギベオンは鉄質隕石の中でも比較的サビが出にくいと言われている隕鉄ですが、それでもベースはニッケル、鉄なので、過度に水浄化などで濡らさないようにしていただけると良いかなと思います。
ちなみにご参考として、過去にもコーティングなしのむきだしタイプはお品にしていますが、私物の場合のそれらに関しては錆が出たことはありません。

ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)は、H&E社のギャランティカードコピーをおつけします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。


・ 型番
1002113020610
・ 販売価格

194,400円

・ 購入数